せどりはラクラクビジネスなのかを4つの視点で考える

せどりはラクラクビジネスなのかを4つの視点で考える

この記事では、 せどりの収益性の部分についてご紹介をしていきます。

 

これからせどりをはじめようと思っている、 もしくは最近せどりを始めた人にとっては、せどりってそもそも稼げるのかな?ということについて疑問を持っているかと思っています。

 

世間一般では、せどりはらくらくビジネスというような印象が強い気がしていますが、今回は、この辺りの信憑性についてお話をしていきたいと思います。

 

そもそも稼いでいる人ってどれくらい稼いでいる?

 

せどりにおける分野で、本気で稼いでる人というものは月収ベースで1000万を超えています。

 

もちろんこういった方々は組織化をしており単独で月収1000万ということを達成しているわけではありませんが、 とはいえ初めは個人から初めて行ったビジネスです。

 

1000万クラスまで月収1000万クラスまで行くと、仕入れに使う金額も5,000万、6,000万、7,000万といった非常に高額な金額と乗ってくるため、副業レベルで始める人たちからするとあまりイメージがつかないかもしれません。

 

こういった方々はヤマダ電機やドンキホーテといった大手の販売店から直接取引を仕入原価がかなり安い状態で仕入れを行っているため、普通の一般ユーザーと比べてかなり利益が出しやすいというメリットがあります。

 

ですが個人から始めたビジネスも将来的にはこういったレベルまで達成することができるという視点で考えるとかなり夢あるビジネスだと思います。

 

私の周りでは個人で組織化せずにやっている人でも月収が約100万円や200万といった方々は見受けられます。

 

もちろんこういった方々はかなり行動されていますし、月収100万レベルの人で月商は約300万円や350万円といったところに落ち着くのが普通かと思います。

 

利益率で考えると約30%や20%の間といったところでしょうか。

 

はじめもなかなか収益も安定せずに行動することも多く肉体労働的な面が強いため嫌になってやめてしまう人も多いですが地道にやっていくことでこれぐらいの月収を達成できるというビジネスでもあります。

 

ビジネス面での即金性

 

ビジネス面倒な即金性という側面ではせどりがダントツで一番と言えるでしょう。 昔から流行りであるブログや、最近有名になった YouTube などに関しては、始めた初月で利益を出すのはなかなか難しいビジネスであります。

 

これらのビジネスというのはメディアビジネスと言われまずはメディアの量というものが重要になってきます。

 

ブログで早く最低でも100機種は必要ですし、 YouTube に関しても動画は100個ぐらいやはり必要となってきます。

 

全く無名の人がブログや YouTube を始めたところで本格的に収益を1万以上出すのは、半年くらいはかかるという風に思ってくれたら良いです。

 

その一方でせどりに関してはどんなに素人が参入していてもある程度のモノレートの見方などが分かれば月収1万円というものは達成できる範囲です。

 

ビジネスをはじめてヶ月で月収1万円を達成できるというのはなかなかあまりないビジネスモデルで、副業を全くやった事がない人が始めるには一番ハードルが低くやりやすいビジネスやるといえます。

 

なぜかと言うとブログや YouTube のようにプロバイダーと契約したり動画の取り方を学んだり編集の仕方を学んだりといった面倒な作業がなく、 商品を仕入れてそれをアマゾンに送り後は売れるのを待つだけという非常にシンプルな構造だからです。

 

この手軽さが何よりも売りのため、 せどりに参入する年齢層も若い人から四十代五十代といった人たちも多く非常に幅広い年齢が始められるビジネスでもあります。

 

そのぶんライバルが非常に多いというデメリットはありますが、きちんと頭を使ってビジネスをしていけばそういった方々に負けるといった心配もまずありません。

 

需要と供給のバランスを読みながら、在庫や回転率資金繰りなどを一通り学びながらできるビジネスとしては最も適したビジネスモデルと言えるでしょう。

 

せどりはラクラクビジネスなのか?

 

では、せどりはらくらくビジネスなのでしょうか?

 

残念ながらせどりはラクラクビジネスではありません。

 

そもそもこの世の中に楽々ビジネスは存在しないということをまず認識してください。

 

転売では 一時的に話題になった商品で利益が取れるということが頻繁にありますが、こういった商売は外部に依存するため自分自身の力で稼いだということではありません。

 

たまたま話題の商品がニュースで取り上げられたからそれを狙って仕入れたら利益が出た。

 

ポケモンカードが異常に人気なの事を知っていてその商品を仕入れたから利益が取れた。

 

こういった外部に依存するような稼ぎ方をしているうちは、ビジネスで稼ぐ力を身についたとは言えません。

 

せどりでは、人気のある商品を仕入れて納品することによって簡単に利益が出ますが、これは一時的なものであって楽々稼げるという認識とは違います。

 

実際私の周りで、月収100万円や、200万円といったレベルの稼いでる、せどらーの方々の話を聞くと、どの人も楽をして稼いでいるイメージはありません。

 

今は経験があるからこそ、どういった商品で利益が取れて、どういった商品を、いつ仕入れればば良いのか、といったことを経験からわかっていることが多いですが、そこに行き着くまでは試行錯誤をしてきた人が、非常に多いです。

 

これをやらずに利益を出している人というのは、おそらくツールだよりの仕入れをしていますし、もしくは実績のある方から、利益の出る商品を教えてもらっての仕入れをしているということです。

 

自分が納得するような月収や、将来のことをあまり不安に思わずに稼ぎ続けることができるようになるためには、自分自身でこうすれば稼げるといった確信を持つ必要があります。

 

稼ぎ続けるためには地道な積み重ね

 

稼ぎ続けるためには、やはり地道な努力の積み重ねてしか達成することはできません。

 

せどりで言えば、商品知識だけではなく、 例えば自分が商品を仕入れる先の店舗の把握。

 

納品をするにあたって、どこの送料が安く、どこの場所で商品を送れば、最も効率的に商品を届けることができるのか。

 

自己配送する際には、どこの業者を使い、どれくらいの重さであれば、どれぐらいに料金がかかるのか。

 

販売するまでに、どれぐらいの在庫があり、他の販売車の値段のチェックと、自分がいつまでに何を売らなければいけないのか?

 

自分の今の資金状況の把握し、いつまでにどれくらいのお金が口座にないといけないのか?

 

そして翌月翌々月に、どんな商品が販売になり、どれぐらいの人気があり、自分はどこの店舗で仕入れいつまでに売るのか。

 

こういった準備を徹底的にしているのが、稼ぎ続けられるせどらーの特徴です。

 

何の努力もせずに。何も考えずに仕入れをして簡単ラクラクに稼げるというビジネスではありません。

 

仕入対象の店舗を見つけたり、送料の計算をしたり商品の知識を調べたり、こういったことに関しては、非常に地味ですし、すぐにお金は変わりません。

 

ですが、こういった地道な一つ一つの積み重ねが、将来的に自分が安定して稼ぐために必要な土台となってくることも覚えておいてください。

 

まとめ

 

ということでここまでせどりについてまとめてきました。

 

今はネットビジネスが主流になり、副業ブームもあり、沢山の人達が、このせどりビジネスに参入をしてきています。

 

そのため頭を使って稼いでる人、頭を使わずに稼いでいる人の差が明確に分かれており、せどりの市場に参入してきたのはいいものの、すぐにいなくなる方というのは、目先のことしか考えていない人が非常に多いです。

 

今後、どんなビジネスに参入していこうが、大切なのは稼ぎ続けられるという部分です。

 

継続して安定して稼ぐためには、やはり一時的なテクニックに依存するものでは無理でしょう。

 

そうではなく、自分の経験や知識が何よりも大事です。

 

こういったつ一つの積み重ねで積み上げていったものは、簡単には崩れません。

 

非常に面倒ですし、地味なことばかりですが、目の前のことを手を抜かずにしっかりやることによって、長期的に稼ぎ続けることができます。

 

長期視点で考えならビジネスをやることを是非心がけてください。

 

ということで今回の記事はこの辺りにしましょう。

 

さようなら。

マインドカテゴリの最新記事